発毛治療は独自治療法の表参道スキンクリニックにお任せください

中性脂肪を低下させると薄毛は改善できる?


薄毛や抜け毛にお悩みの皆さん、髪の毛へのアプローチは、育毛剤や植毛などの頭皮表面へのアプローチだけではありません。生活習慣は髪の毛の健康に大きくかかわっています。生活習慣、特に中性脂肪と毛髪の関係についてまとめるとともに、改善のための具体的方法についてもご紹介していきましょう。

悪玉コレステロールや中性脂肪が増える原因とは

高カロリーや高脂肪の食べ物が血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールを増やす原因であるということはご存知でしょうか。

中性脂肪やコレステロールは、人間にとってなくてならないもので、中性脂肪はエネルギーのもととなる糖質が体内で不足した場合に、中性脂肪を分解してエネルギーを作り出します。そんな中性脂肪ですが、正常値を超えると、色々な病気を引き起こすことも知られています。また、悪玉コレステロールも正常値をオーバーすると血管内に詰まりをもたらして、心疾患や脳血管疾患などの病気を引き起こします。

このように正常値を超える原因としては、運動不足、アルコールの摂りすぎなどさまざまありますが、最も多い原因としては、高カロリー摂取や高脂肪な食べ物の摂りすぎがあげられます。高カロリーなものや高脂肪なものを摂りすぎると、エネルギーとして消費されなかった糖質や脂肪が中性脂肪や悪玉コレステロールに変化してしまうからです。

このように食事から変化した中性脂肪や悪玉コレステロールが血液中に多量に流れてしまい、ドロドロとした血液となり、さまざまな病気の元となってしまいます。

中性脂肪や悪玉コレステロールが髪によくない

中性脂肪やコレステロールが増えすぎると、血管を傷めたり血液がスムーズに流れなくなります。頭皮の血管が痛んだり血行が悪くなったりすれば、髪の毛に充分な栄養が送られなくなりますので、髪の毛が弱く、抜けやすくなってしまうのです。

また、中性脂肪やコレステロールは、頭皮の血管に限らず、全身に栄養を送り届ける役割を担っている動脈を傷めたり血管を細くしてしまったりする可能性もあります。仮に頭皮の血管が無事でも、全身の他の部分で血流が悪くなれば、結果的に頭皮の血流も悪くなってしまいます。

サラサラの血液になると頭皮の血流は大幅に改善される

中性脂肪が高いと薄毛になる可能性が高いということをご紹介してきました。中性脂肪が高いと血液がドロドロになって頭皮まで十分な栄養を届けられず薄毛になる可能性が高いのです。そのため、薄毛で悩んでいる場合には、まずはドロドロの血液をサラサラにするように生活習慣を改善してみませんか。

いくら発毛剤を使っても発毛に必要な栄養が不足したままだと、肝心の発毛を妨げている原因が改善されていないので根本的な改善にはなりません。

薄毛で悩んでいる方で中性脂肪が140mg/dl を超えている場合、肉よりも野菜を多めに摂ったり日頃飲んでいるジュースやコーヒーを水に変えて1日に1.5リットルから2リットルの水を飲むようにしたりして体内の中性脂肪を減らし、ドロドロの血液をサラサラにすることが発毛への第一歩です。

発毛剤を使って無理やり髪を増やすのではなく、健康的に薄毛を改善するためにもまずは生活習慣を見直して頭皮の血流をよくするように心がけましょう。

適度な運動も心がける

薄毛抜け毛には、中性脂肪は大敵とご説明してきましたが、中性脂肪を減らす野菜中心の食生活の他に有酸素運動など1日最低30分程度のウォーキングなど適度な運動をすることが有効的です。また、肥満と薄毛には因果関係があるとされています。

薄毛抜け毛は男性だけでなく、女性にも多くの方が悩んでいます。いつまでも艶やかでハリコシのある髪でいたいというのは女性の方が強く願われるのではないでしょうか。女性の場合も同様に、まずは野菜中心の食生活と適度な運動を心がけてみましょう。

髪の毛の健康に中性脂肪が関係している理由とは

髪の毛の健康に中性脂肪が関係しているのは、中性脂肪が多いと血液がドロドロになり、血流が悪くなったり血管が傷んだりして充分な栄養素が頭皮に届かないためです。これを改善するためには、野菜中心の食生活や適度な運動など、生活習慣の改善が大切です。生活習慣の改善は、今日からでもできることですので、無理のない範囲で始めてみませんか。

薄毛・抜け毛のお悩みは表参道スキンクリニックへお任せください

表参道スキンクリニックでは長年のAGA治療の実績から、9割以上の患者様に発毛の喜びを感じていただいております。薄毛や抜け毛に関するお悩みは表参道スキンクリニックまでお気軽にご相談くださいませ。

施術の一覧はこちら
クリニックの一覧はこちら

カウンセリング予約 カウンセリング予約 オンライン予約 オンライン予約