発毛治療は独自治療法の表参道スキンクリニックにお任せください

育毛剤や育毛シャンプーで髪は生えない?本当に効果のある薄毛対策とは


薄毛を気にしている方の中には市販の育毛剤や育毛シャンプーを使っている人は多いのではないでしょうか?しかし育毛剤や育毛シャンプーは「発毛」が本来の目的ではないため、なかなか期待していた効果を得られないケースも考えられます。ということは育毛剤はまったく無意味な存在なのでしょうか?今回は本当に効果のある薄毛対策、また育毛剤や育毛シャンプーの本来の目的と効果を詳しく解説します。

とりあえず売れているものを試してみる?

そもそも「発毛」と「育毛」は根本的に意味が異なります。発毛とは髪がなくなってしまった部分の毛母細胞を活性化させることで新しい毛を生やすことであり、育毛とは今すでに生えている髪の毛を健やかに保ったり育てたりすることを意味します。つまり、育毛剤や育毛シャンプーには発毛を促す成分が含まれていないため髪が生えていない部分に使用しても、新たに発毛することはありません。市販の育毛剤や育毛シャンプーはたくさんの種類が発売されており、薄毛が気になり始めるとつい売れている商品から試してみたくなりますが、残念ながら発毛効果はほとんど期待できないでしょう。

育毛剤や育毛シャンプーの役割

前述の通り、育毛剤や育毛シャンプーに新しい髪の毛を生やす効果はありませんが、髪の毛にとってまったく無意味なのでしょうか?実はそうとも言い切れません。髪の毛が生えるためには、髪の毛の土台となる頭皮環境を清潔に保つことや、血行を促進し、髪の毛の成長に必要な栄養素を頭皮まで届けやすくすることが大切です。育毛剤や育毛シャンプーにはこういった頭皮環境を整える効果や血行促進作用が期待できるため、新しい髪の毛が生えてきやすい土台づくりや、今生えている髪を健康に保つことができます。また、こうしたケアを続けることで健やかな頭皮の維持に繋がるため結果的に薄毛予防に繋がるでしょう。

正しい薄毛対策とは?

薄毛が進行してしまい、髪の生えていない部分が徐々に増えてしまっている状態のときはどうすればいいのでしょうか?まずは薄毛の原因を知ることから対策を始めましょう。

薄毛の原因

薄毛のほとんどは「AGA(男性型脱毛症)」が原因だといわれています。AGAは思春期以降の男性であれば誰でもなる可能性がある上、いつ発症するか分からない進行性の脱毛症です。AGAのメカニズムは男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」によって髪の毛のヘアサイクルが乱されることで薄毛が進行していきます。しかし、現在AGAは医療機関で適切な治療を行えばほとんどの場合改善することが実証されています。AGAの治療はなるべく早めに開始すること、そして継続することが大切です。

薄毛治療のカギとなる2つの成分

薄毛治療のカギを握るのは「ミノキシジル」と「フィナステリド」という有効成分です。ミノキシジルは髪の毛の生成に関わる毛母細胞を活性化させるはたらきがあるため、「髪がない部分に新しい毛を生やす」効果が期待できます。フィナステリドは、男性ホルモンを薄毛の原因となるジヒドロテストステロンに変換させる5αリダクターゼを阻害するはたらきがあります。これにより「薄毛を予防する」効果が期待できます。

表参道スキンクリニックオリジナルのAGA治療「ヘアジニアス」

表参道スキンクリニックでは、オリジナルAGA治療薬「ヘアジニアス」を使用した「ヘアジニアスプログラム」という治療法をご用意しております。表参道スキンクリニックのヘアジニアスは、前述のミノキシジルとフィナステリドを両方含んだAGA治療薬です。市販の発毛剤でもミノキシジルが含まれているものはありますが、市販品ではミノキシジルの最大濃度は5%までと国で定められています。しかし、ヘアジニアスは医療機関専門の治療薬であるため5%以上のミノキシジルが配合されています。ヘアジニアスは「医師の診断のもと、薄毛を抑制しながら新しい髪の毛を生やす」ことができる優れたAGA治療薬です。

薄毛・抜け毛のお悩みは表参道スキンクリニックへお任せください

AGAによる薄毛や抜け毛は医療の力で改善できます。表参道スキンクリニックでは長年のAGA治療の実績から、9割以上の患者様に発毛の喜びを感じていただいております。薄毛や抜け毛に関するお悩みは表参道スキンクリニックまでお気軽にご相談くださいませ。

施術の一覧はこちら
クリニックの一覧はこちら

カウンセリング予約 カウンセリング予約 オンライン予約 オンライン予約