発毛治療は独自治療法の表参道スキンクリニックにお任せください

AGAと肥満の関係とは?


表参道スキンクリニックが実施したアンケートでは、「男性の見た目で気になることは?」という質問に対して29%の女性が「薄毛」と回答しました。しかし、それをわずかに上回る33%が「肥満」と回答しています。つまり、女性たちは男性の薄毛と肥満に対して同じくらいネガティブな印象を持っていることが明らかになりました。肥満は健康にも良くないことは明白ですが、薄毛とも関係があるのでしょうか?今回は肥満と薄毛の関係について詳しく解説します。

薄毛と肥満の基礎情報

AGA

薄毛の原因はほとんどがAGA(男性型脱毛症)だといわれています。AGAは男性ホルモンが原因で起きる進行性の脱毛症です。思春期以降の男性であれば誰でも発症する可能性はありますが、一度発症すると時間とともに症状は進行していくので早めの治療が改善のカギとなります。

肥満

肥満の定義はBMI(体格指数)が25以上とされています。最も理想的なBMIは22とされており、BMIが35を超えると高度肥満となります。肥満の原因は食べ過ぎや運動不足などの生活習慣の乱れが主な原因です。肥満になると様々な病気に罹患するリスクが高まるため注意が必要です。

肥満とAGAは関係ある?

薄毛と肥満に関連性はあるのでしょうか?ある研究によるとBMIが高い男性はAGA発症のリスクが高まったり、症状が重症化する可能性があることが分かっています。これは肥満の人とそうではない人では体内のホルモンのはたらきに差が生じるためだと考えられています。つまり「太っている人ほど薄毛になりやすい」ということになります。しかし、注意すべき点として「肥満そのものが直接AGAの原因ではない」ということもしっかり理解しておく必要があるでしょう。

AGA予防に肥満対策は必要?

肥満は直接的にAGAの原因にならないなら、AGA予防に肥満対策は必要ないのでしょうか?答えはNOです。なぜなら、肥満の進行は体に様々な悪影響をもたらし、この悪影響のひとつに頭皮や毛髪も関係しているからです。まず、肥満の方は高カロリーの食事を好む傾向があります。そういった食事を続けると皮脂が過剰に分泌され、頭皮の毛穴が詰まりやすくなってしまいます。また、体内に脂肪が蓄積すると糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病のリスクが高まります。すると血液の流れが滞ってしまうことがあり、育毛に必要な栄養素が頭皮の細胞まで届きづらくなる可能性が考えられます。こういった理由などから考えても、肥満を予防するということはAGAのリスクを回避するためにも重要だといえるでしょう。

肥満予防に大切なこと

巷にはさまざまなダイエット方法が氾濫しています。流行するダイエットは手軽さをメリットにしているものが多い傾向ですが、ダイエットで大切なのは摂取エネルギーと消費エネルギーを上手くコントロールすることです。

摂取エネルギーを減らす

太ってしまう理由は単純に「摂取カロリー>消費カロリー」という状態が起きているためです。多くの人が理解していることですが、食べすぎは肥満に直結します。まずは普段の食生活を見直すことが大切ですが、最初から食事量を減らし過ぎると結局ドカ食い→リバウンドしてしまう場合が多いでしょう。無理はせずに、間食をなくす、夕食だけ少なめにする、よく噛んで食べる、お酒をのみすぎないといった生活の負担にならないことから始めるのがおすすめです。

消費エネルギーを増やす

人間の1日の消費カロリーはほとんどが基礎代謝です。基礎代謝とは人間が生きているだけで消費するカロリーであり、次にエネルギー消費率が高いのが「NEAT(ニート)」です。NEATは意識的な運動以外の歩行や家事といった日常生活の活動によって消費されるエネルギーのことです。NEATの高い生活習慣は健康づくりに大変効果的であるとされ、エレベーターではなく階段を使う、一駅分歩くなど、ちょっとしたことでも「塵が積もれば山となる」でしょう。

薄毛・抜け毛のお悩みは表参道スキンクリニックへお任せください

AGAによる薄毛や抜け毛は医療の力で改善できます。表参道スキンクリニックでは長年のAGA治療の実績から、9割以上の患者様に発毛の喜びを感じていただいております。薄毛や抜け毛に関するお悩みは表参道スキンクリニックまでお気軽にご相談くださいませ。

施術の一覧はこちら
クリニックの一覧はこちら

カウンセリング予約 カウンセリング予約 オンライン予約 オンライン予約